シーズン15 船上の戦いへ(2020/9/7〜)

040F675A-2866-490F-A26C-DCE25C011CD2.jpeg

バランス調整

今回のバランス調整は前シーズンまでの強力カードを弱体化する方針ではなく、弱小カードを強化するという方針が取られた。ヒールスピリットはようやく調整され弱体化したが、まだまだ強力なカードとして環境を支配することが予想される。

ヒールスピリット

ヒール範囲:-12.5%

ファイアスピリット

エリアダメージ範囲:+13%(オーブンにも適用)

ザッピー

初回攻撃スピード:+18%

ボンバー

攻撃速度:+5%

シーズン14 対戦前夜(2020/8/3〜)

7BFF5BA2-6E2E-4B8C-835D-4B9FAA375A74.jpeg

バランス調整

今回は呪文全てのクラウンタワーへのダメージが下方修正されたことに加え、使用率の低かったボウラー、見習い親衛隊の調整が行われた。ローリングウッドは1マスの射程減少がかなり大きな影響を与えると考えられる。また、誰もが強すぎると口を揃えて言っていたヒールスピリットは4シーズン連続で調整来ず。

呪文

矢の雨
巨大雪玉
ファイアボール
フリーズ
ライトニング
ポイズン
ロケット
ローリングウッド
ザップ
クラウンタワーへのダメージ:-5%

ボウラー

ターゲット認識距離:-20%
投石距離:+25%
ヒットポイント:+8%

ディガー

クラウンタワーへのダメージ:-5%

見習い親衛隊

ダメージ:+8%

コウモリの群れ

攻撃速度:1.1秒→1.3秒

ローリングウッド

転がり距離:-9%

ロイヤルデリバリー

着地時のノックバック:廃止

シーズン13 ビーチバトル(2020/7/6〜)

F69CA284-166D-4189-9280-9C1AE5A6C5BC.jpeg

バランス調整

今回のバランス調整では、リリース当時環境を破壊した結果、弱体化されて以降最弱のウルトラレアとして息を潜めていた漁師トリトンに上方修正が入り、再び日の目を浴びる可能性がある。また、前シーズンの環境カードであったロケット砲士、スケルトンドラゴンに下方修正が入った。最近の調整はまともなことが多く、ようやくセスがまともにクラロワを始めたことが伺える。

漁師トリトン

イカリを投げるまでの準備時間:-13%
攻撃速度:+13%

スケルトンドラゴン

ダメージ:-6%

ザッピー

ダメージ:+14%
攻撃速度:+5%

ロケット砲士

後退距離:-25%

シーズン12 プリンスの夢(2020/6/1〜)

37530886-72F1-462C-B214-1C7E81AAAD01.jpeg

バランス調整

今回のバランス調整では長い間環境トップであったボムタワー、ぶっ壊れカードであったロイヤルデリバリーの下方修正、アースクエイクのリワーク、セスのお気に入りカードプリンスの上方修正が行われた。
プリンスは使用率が極めて低かったわけでもなかったため、謎の上方修正である。

プリンス

ヒットポイント:1615→1669(+3%)

ロイヤルデリバリー

ダメージ:402→362(-10%)

ボムタワー

稼働時間:35秒→25秒(-29%)

アースクエイク

移動スピード遅延効果:-35%→-50%
攻撃スピード遅延効果:-35%→0%
生成スピード遅延効果:-35%→0%

群れユニット(ガーゴイルの群れ、ゴブリンギャング、三銃士など)

スケルトン系以外の複数ユニット(二体以上)が時差0.1秒に調整

シーズン11 危険地帯(2020/5/5〜)

AC68E9A0-7A04-47FA-9DB9-F27ED603CF7B.jpeg

バランス調整

今回、(おそらく)歴代最多となる11カードの調整となった。
調整の段階で想定されるのはトルネードが完全に終わったことと、ボムタワー、マスケ、ディガーあたりが今シーズントップメタになりそうなことか。

確実に大幅に環境が変わるので、アンテナを張っていきたい。(てか俺らのサイトの存在価値がなくなるから大幅な改変やめて)

トルネード

効果時間:2秒→1秒(-50%)
ダメージ:70→140(+100%)
吸引力:220→440(+100%) 363(+65%)
タワー(施設)ダメージ:0→52(35%DMG)

施設へのダメージが追加されたものの、その他ユニットへのダメージはそのままに合計吸引力が大幅に下方された。*1
ど真ん中にきたホグライダーですらまともに吸えなくなるため、キング起動に使える機会はほとんど訪れなくなるレベルの下方であると考えられる。
→開発ビルドでトルネードの吸引力が上方されていなかったようです。
キング起動は今まで以上にやりやすくなっているためデッキによって上方下方が分かれる予感がします。

※追記(5月5日)
トルネードがあまりにも強いことが予想されたため、修正が行われる前から吸引力が+100%から+65%へ修正。
いつかのファルチェを思い出す事態となった。

アースクエイク

ダメージ:61→68(+11%)
施設ダメージ:244→204(-25%)

ロイヤルデリバリー

ダメージ:318→402(+27%)

バトルヒーラー

体力:1584→1425(-10%)

ミニペッカ

射程:中距離→短距離

ベビードラゴン

体力:1024→957(-8%)

マジックアーチャー

射程:6→7
体力:490→440(-10%)

オーブン

体力:1003→844(-16%)

ゴブリンの小屋

体力:1293→844(-35%)

ゴブリンの檻

リベンジゴブリン ダメージ:264→279(+6%)

バーバリアンの小屋

体力:1804→1452(-20%)





シーズン10 強奪バトル(2020/4/6〜)

FBA51C65-DE0E-4274-807C-475613FE126F.jpeg

新カード:ヒールスピリット

バランス調整

マジックアーチャー

射程距離:7→6

ゴブリンの小屋

設置時間:-20%
小屋破壊時に槍ゴブリンが3体出現

スケルトンバレル

速度:中速→高速
ヒットポイント:-15%

シーズン10 雑感

マジックアーチャーの大幅下方により、今シーズンの環境デッキは大きく変わると予想される。
またマジックアーチャーの下方の釣り合いを取るために、マジックアーチャーが相性を取っているスケルトンバレル、ゴブリンの小屋を強化したのだろうと思われる。





シーズン9 クラロワ4周年(2020/3/2〜)

519CC5A0-BE47-4C51-BFAC-1957A718DCEF.jpeg

新カード:ロイヤルデリバリー

バランス調整

ディガー

クラウンタワーへのダメージ:40%→35%

アースクエイク

隠れテスラにも影響あり

ゴーレム

小型ゴーレムのダメージ:-22%
小型ゴーレムの死亡時ダメージ:+55%

大砲

ダメージ:+5%

60式 ムート

ダメージ:+5%





シーズン8 再びレジェンドアリーナへ!(2020/2/3〜)

667A6851-D514-45E2-BBFC-718A6624DA95.jpeg

ブーストカード:ラムライダー

バランス調整

ネクロマンサー

初撃:1.0秒→0.7秒

ロイヤルホグ

ダメージ:+6%

ザッピー

ダメージ:+20%
攻撃間隔:1.6秒→2.0秒(+25%)
設置間隔:0秒→0.15秒
初撃:1.4秒→1.0秒

バーバリアンの小屋

設置時間:60秒→50秒
発生時間:13.5秒→12.5秒
破壊時、バーバリアン2体生成



シーズン7 旧正月を祝おう(2020/1/6〜)

F2CC1898-C363-4848-9BFD-EE555C89B2E6.jpeg

新カード:ロケット砲士

バランス調整

ダークネクロ

最初のコウモリ召喚までの時間:1.3秒→3.5秒
最初の攻撃までの時間:-17%

漁師トリトン

フックの範囲:6→7
フックのチャージタイム:1.1秒→1.5秒

エリクサーゴーレム

ヒットポイント:-6%(全形態)

ラヴァハウンド

攻撃範囲:2→3.5

ラヴァパピィ

ダメージ:+67%
攻撃速度:-70%
攻撃範囲:2→1.6

シーズン7 雑感

新登場のロケット砲士は大きくノックバックする点が特徴的であり(と言ってもスパーキーもだが)、シーズン中盤に差し掛かった上位でもその処理に手間取っている姿が見受けられる。
カードの評価としてはとても強いと評価する人とそんなに強くないと評価する人に分かれ、シーズン7の環境時点では非常にバランスのいいカードと言える。
が、初登場当初のホバリング砲や巨大雪玉のように、そんなに強くないと思われていたカードの使い方が発掘されることで非常に強くなり下方必須となったカードの例も存在する。
特にロケット砲士は特徴的な個性から、過去のそういったカードの例に新たな使い方が発掘される可能性があるため、油断は禁物である。

環境として強いのはミニペッカ入りデッキとメガナイトWBやWBディガーなどのWBデッキである。環境としてはいろいろなデッキが入り交じり、上位プレイヤーの間でも最近にしては良い環境だと話題である。

終盤頃からコウモリの群れ、ディガー、マジックアーチャー、WB、ボムタワー、ベビドラ、ミニペッカ辺りが若干OPだと囁かれはじめ、下方されるならこの辺りだと噂になった。



シーズン6 クラッシュマス(2019/12/2〜)

AD56672B-85EB-427C-B72E-32FE0009CFE0.jpeg

新カード:バトルヒーラー

バトルのルール変更:全てのバトルが5分制に!

マルチ:サドンデス時間(延長)は2分間となり、最後の1分はエリクサーが3倍

ダブル/トリプルエリクサードラフト:試合時間が6分→5分

サドンデスモード:試合時間3分→5分

試合開始〜2分 エリクサー×2
2分〜5分 エリクサー×3

スピードアップチャレンジ:毎分エリクサー量が増加

試合開始〜1分 エリクサー×1
1分〜2分 エリクサー×2
2分〜3分 エリクサー×3
3分〜4分 エリクサー×4
4分〜5分 エリクサー×5

自動発生モード(ランバージャックの襲撃等)

試合開始〜1分 エリクサー×1
1分〜3分 エリクサー×3
3分〜5分 エリクサー×5

バランス調整

矢の雨

3発に分かれて発射(発射時間計0.4秒)
ダメージ:+23%

執行人ファルチェ

ヒットポイント:+5%
攻撃速度:+4%
攻撃範囲:4-5→4.5-6.5
斧の飛行範囲:+25%
ダメージ:-45%

ネクロマンサー

範囲ダメージ復活
ダメージ:-49%
攻撃速度:1.7秒→1.1秒

エリクサーゴーレム

攻撃速度:全ての形態で1.3秒に統一

ナイト

ヒットポイント:+5%

三銃士

設置時間:3秒→2秒 出現時間:0.15秒→0.5秒

シーズン6 雑感

新カード、バトルヒーラーが登場。目玉としては
①敵陣において体力の自動回復 ②攻撃のたびに自分を含めた周囲にヒール効果 ③宙を浮いて川を渡る効果 の三点であった。
しかし、③の効果にバグがあることが発覚したためこの特性を消去し、ヒール効果の持った単純な地上ユニットに仕上がった。

ヒーラー登場当初、その能力に全員がOPと口を揃え新カード特有のミラーデッキまで登場したが、二週間ほどでその勢いは収束。
結果的に、エリゴレダクネヒーラーとヒーラー神器でしかその姿を見ることはなくなった。

本シーズンの終盤はエリゴレダクネ?、遅延スケラ(特にボムタワー型)、ダクネ入りラヴァディガーの三つ巴の様相を呈し、明らかにダクネOP環境であることが明白となった。



シーズン5 ゴブリン大宴会(2019/11/4〜)

1FA6E07F-5D38-4CCA-9527-9D21080E6BD2.jpeg

タイブレーク:1対1のアリーナバトルに導入

バランス調整

ネクロマンサー

範囲ダメージを廃止
攻撃速度:1.4秒→1.7秒
最初のスケルトン生成までの時間:1秒→3.5秒
質量:+100%(スケルトンに押されなくなる)

エリクサーゴーレム

ヒットポイント:-10%(全ての形態に適用)

ウォールブレイカー

ダメージ:-19%
範囲ダメージの半径:2.0→1.5
配置時間の間隔をやや増加

漁師トリトン

釣り針の射程:7→6
釣り針のチャージ時間:1秒→1.1秒

執行人ファルチェ

最大射程:4.5→5
斧の命中半径:-20%
斧の滞空時間:1.0秒→1.2秒

ローリングバーバリアン

ダメージ:+8%

ベビードラゴン

ヒットポイント:-4.5%

シーズン5 雑感

前シーズン暴れまわったネクロ、WB、エリゴレが下方され、また多くのデッキに採用されるベビドラが下方された。
そのため混沌とした環境が終わり元の環境が戻ってくる……と思いきや、もともと一線級に強かったファルチェが謎の上方修正。
今シーズンはファルチェを中心とした環境が作られそうな気配である。



シーズン4 シビれる秋(2019/10/7〜)

C78C2217-FA2A-4630-A16C-86C37C2D1473.jpeg

新カード:エリクサーゴーレム

バランス調整

ネクロマンサー

ヒットポイント:-12%
ダメージ:+220%
攻撃速度:-40%
範囲攻撃:-45%

・召喚されるスケルトン
ネクロマンサーの周辺に4体生成
生成速度 5秒→7秒
撃破時の生成なし

ウォールブレイカー

エリクサーコスト:3→2
ダメージ:-10%
質量:+100%

ダークネクロ

撃破時に召喚されるコウモリ 2体→4体

漁師トリトン

ダメージ:-6%
ヒットポイント:-5%

巨大雪玉

ノックバック:-17%

ハンター

ダメージ:+2%

シーズン4 雑感

セスも認めるほどのネクロ、WB、エリクサーゴーレムのOP合戦であり、過去トップクラスのぶっ壊れ環境との評判。
シーズン途中で解禁されたエリクサーゴーレムが、もともとWB祭りであった環境をさらなるOPで塗り替えていった。
環境に多く採用されたデッキは、上記OP三枚に加えOPカードに強いバルキリー、ファルチェや、依然強いトリトンなどである。


*1 開発ビルド参考。上記の吸引力がなんの数値であるかは不明であるが、運営としても容易にキング起動出来ないことを売りにしている

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-12 (土) 14:39:49